‘[暮]のフィーチャリング・カンパニー’ カテゴリーのアーカイブ

東亜レジン株式会社   企業の「顔」を作り出すパイオニア 

2017年1月27日 金曜日

 今回訪問させていただいた企業様は、様々な企業やお店のシンボルマークとなり街の風景の一部にもなる【サインボード】専門メーカーのパイオニアとして昭和33年創業以来、59年間活躍されている東亜レジン様です。
 普段目にしている看板がどのように作られているか、東亜レジン 水野智成氏にお話を伺いました。(※取材日:2016年11月14日)

IMG_0313 IMG_0316
 


 

●サインボードが作られるまでの背景を教えてください。

 

会社

水野様(以下敬称略):
 当社は1958年に設立して以来、日本で初めてのアクリル製内照式店頭看板を製造し、現在に至るまで業界をけん引して参りました。現在は行っておりませんが、創業時はアクリル加工技術を生かし、大型水槽・光を通す光天井・壁・ドアなどの製造も行っておりました。
1980年頃の日本はCI(コーポレート・アイデンティティ)がブームとなり、社内外の認識を持たせる自社ロゴを見直す動きが広まっていました。それによりサインボードにも注目が集まり、追い風となりました。
 当時、日本には普通の看板しかない時代でしたので、アクリル樹脂の特性【色が多彩・形を立体的に加工しやすい・光を通す】を活かせば看板としての幅を広げられると考え、サインボードの制作を行うようになりました。

レジンイメージ

●制作上でのポイントはありますか?

水野:
 サインボード制作は企業の【印象】を作る仕事です。
 弊社では日本を代表する大手企業のコンビニやガソリンスタンド、カフェなどのサインボードを任せられています。現在のコンビニのサインの形も初めて弊社が提案しました。
 サインボードは企業の第一印象に大きく影響しますので、微妙な色・質感の違いやデザインの細部に至るまでクライアントと入念な打ち合わせを重ねます。色やデザインのマイナーチェンジをする事もありますが、企業イメージを壊さず伝える事が重要となります。
 またサインボードは景観の一部としても捉えられ、制作には各地域の条例などの制限もあります。例えば京都市内では赤色の使用が禁止されていたり、沖縄県では台風が多いため風速40M以上に耐えられる物でないといけない、など。単純に目立って派手な物を作ればいいわけでもないのです。注目されなくても、都市景観と融和しつつ、どんな【印象】を残せるかを考えます。」

夜景
 

●組織文化を教えてください。

水野:
 当社に入社された新入社員の方には必ず工場の研修期間を設けています。様々な職種が同時並行で進む、実際の仕事の流れを体験していただく事が目的です。研修では大卒・高卒・工場社員が全員一緒に行動を共にします。
 研修後には全国のそれぞれの部署へ配属されますので、バラバラになっても繋がりを作れる貴重な機会にもなります。この研修制度は20年以上続いているんです。
 59年やっているメーカーと言うと堅い仕事というイメージがあるかもしれませんが、一人一人の主体性を一番大切にしていて、相手の立場に立って物事を考えられる物の見方を重視している社風があります。
 どの部署や部門の発想でも取り入れ、行動してみたい気持ちや発想が活かせる会社です。遊び心を取り入れながら、働き方ひとつを自分たちで作っていく会社です。
 この社風がサービスや物作りにも広がって良い作用を産んでいます。クライアントからお店作りを東亜レジンに任せて良かったと言ってもらえる様、社員一同目指しております。

東亜
 


 古くからの慣習に捉われず、常に新しい発想を取り入れて成長を続ける東亜レジン様。
 59年間、サインボードの先駆者としてトップを走り続けている秘訣は、一人一人が個々の能力を最大限に発揮できる環境にあるのかも知れません。
 ミニミニ城西は、東亜レジン株式会社をこれからも応援し続けて参ります!

提携法人様の「内定社員様向けお部屋探し説明会」を実施

2015年10月6日 火曜日

 去る10月2日、今年もミニミニ城西では、提携法人様の「内定社員様向けお部屋探し説明会」を開催させて頂きました。この説明会は、ミニミニ城西法人部及びミニミニ関東法人部、ミニミニ調布店の三者が担当し、日頃お取引をさせて頂いる提携企業様の来春入社予定の方々に、事前にお部屋探しを体験して頂くというもの。お部屋探しの担当エリアであるミニミニ調布店の店長以下、スタッフも数名駆け付け、来年初頭に実際にお部屋探しをされる予行練習として、お部屋探しや街の特色などをご紹介させて頂きました。

 今回は14名の内定社員様がご参加。来春の入社時より、初めて一人暮らしを経験される方が多く、九州や東北から上京される方もいらっしゃいます。そのため同説明会では、失敗しないお部屋の探し方や注意点、家賃相場などをミニミニ調布店スタッフや法人部スタッフよりご紹介。解りやすい資料を用いてご説明致しました。

  DSC_0248   DSC_0254  DSC_0265

 

 お部屋探しについてご説明した後、昼食を挟んで、実際に入居者募集中のお部屋を見て頂く「お部屋見学会」を行ないました。見て頂いたのは家賃や間取りなどの異なるお部屋を3タイプ。提携企業様に近いエリアに限定したお部屋を見て頂くことで、一人暮らしのイメージをより具体的に持って頂けました。この「お部屋見学会」にはミニミニスタッフが同行し、質疑応答などはその場で解答。お部屋を内見する際の具体的なチェックポイントなどもアドバイスさせて頂きました。

  DSC_0268  DSC_0288  DSC_0293

 

 今回もご参加頂いた内定社員の皆様に大変好評だった「内定社員様向けお部屋探し説明会」。 皆さん上京を大変待ち遠しい様子で来春からの一人暮らしに期待はいっぱい! 新社会人、そして新生活という輝かしい門出を、ミニミニはご満足頂けるお部屋探しでお祝いしたいと思いま す。

 これからもミニミニ城西は、新社会人の皆様、そして企業の皆様を応援致します!

 
 
 +++LINK+++
ミニミニ調布店
ミニミニ城西法人部
ミニミニ法人部

 

 

提携法人様の「内定社員様向けお部屋探し説明会」を実施

2014年10月2日 木曜日

 本日10月2日、ミニミニ城西法人部及びミニミニ関東法人部ミニミニ調布店では、日頃お取引をさせて頂いる提携企業様の「内定者様向けお部屋探し説明会」を開催致しました。この説明会は、来年入社される社員様に対し、ミニミニ城西法人部とミニミニ関東法人部とがお部屋探しをひと足早く疑似体験して頂こうと毎年開催しているもの。お部屋探しの担当エリアであるミニミニ調布店の店長以下、スタッフも数名駆け付け、来年初頭に実際にお部屋探しをされる予行練習として、お部屋探しや地域の特色などをご紹介させて頂きました。

  今回ご参加頂いた新入社員様は14名。入社に合わせて上京し、初めて一人暮らしをスタートされる方が多く、中には遠く青森県や鹿児島県から上京される方も。そのため「内定社員様向けお部屋探し説明会」ではまず、お部屋の探し方や注意点、家賃相場などの地域の特色などをミニミニ調布店スタッフや法人部スタッフにより、様々な資料を用いてご説明させて頂きました。

    調布エリアの説明をするミニミニ調布店松本店長  橋本エリアの紹介をする新井係長  立川エリアの説明をする中藤社員

 

 お部屋探しに関するレクチャーの後は昼食を挟み、家賃や間取りなどの異なるお部屋を見て頂く「お部屋見学会」を実施。提携企業様に近いエリアに限定して実施させて頂いた「お部屋見学会」。実際にミニミニで入居者募集を行なっている数タイプのお部屋を見て頂くことで、一人暮らしのイメージをより強く、より具体的に持って頂くことができました。この「お部屋見学会」にはミニミニスタッフが同行し、質疑応答などはその場で解答。お部屋を内見する際の具体的なチェックポイントなどもアドバイスさせて頂きました。

    間取図を見ながらお部屋をチェック  ベランダからの風景も確認します  明るいお部屋に感激の新入社員様

 

 ご参加頂いた方々に大変好評価を頂いた「内定社員様向けお部屋探し説明会」。 今回ご参加された方の中には早くもお部屋を探されている方もいるようで、来春からの一人暮らしに期待はいっぱい! 新社会人、そして新生活という輝かしい門出を、ミニミニはご満足頂けるお部屋探しでお祝いしたいと思います。

  これからもミニミニ城西は、新社会人の皆様、そして企業の皆様を応援致します!

 +++LINK+++
ミニミニ調布店
ミニミニ城西法人部
ミニミニ法人部

 

 

 

 

ミニミニ城西提携企業様の「内定社員様お部屋説明会」を実施 

2013年10月2日 水曜日

 本日、日頃お世話になっている提携企業様に来年春より入社される社員様向けの「内定社員様お部屋説明会」を行ないました。この説明会は毎年ミニミニ城西法人部とミニミニ関東本部法人部の合同で開催させて頂いているものです。

 今回は15名の内定社員様にご参加頂き、ひと足早くお部屋探しを疑似体験して頂きました。ミニミニ調布店の社員を中心に、まずはお部屋の探し方から解説。資料を見て頂きながら、どのようにお部屋を探せば良いかをレクチャーさせて頂きました。その後は調布や多摩センター周辺のエリア説明を行ない、生活環境や会社へのアクセスの違いなどをご説明致しました。

 昼食後、いよいよお部屋へご案内。ミニミニ調布店の店長をはじめ、ルームアドバイザーたちが同行し、敷金0&礼金0物件を中心に3部屋を見て頂きました。今回の参加者の中には、これからはじめて一人暮らしをされる社員様もいらっしゃいます。事前に実際に入居者募集しているお部屋を見ていただく事で、一人暮らしに対するイメージを具体的に持っていただく事ができました。

 お部屋をご案内するとともに、お部屋を選ぶ際のチェックポイントなども解説。同時に様々なお部屋の設備や入居条件といったご質問にもその場で解答致しました。

   壁に設置されたフックに興味を持たれる社員様    スライドドアをチェックする社員様

  キッチン周りも要チェック    防犯に有効なディンプルキーを説明

 

 和気藹々の雰囲気で終了した今回の説明会。内定社員様からは「大変参考になった」、「参加してよかった」など、高評価を頂戴しました。

 

今回ご参加頂いた社員様は来年4月より新社会人としてご活躍が期待されています。新社会人となる門出に立ち会えることを最高の喜びと感じ、今後もミニミニは精一杯サポートさせて頂きます。

提携法人様の「内定社員様向け説明会」を実施 (ミニミニ城西法人部)

2012年10月2日 火曜日

 本日、日頃お取引をさせて頂き、大変お世話になっている提携法人様の「内定者様向け説明会」を開催致しました。この説明会は、来年入社される社員様に対し、ミニミニ城西法人部とミニミニ法人部の合同でお部屋探しをひと足早く疑似体験して頂くもの。来年初頭に実際にお部屋探しをされる準備として、お部屋探しに関するQ&Aや基礎知識などをご紹介させて頂きました。

  ご参加頂いた新入社員様は9名。入社に合わせて上京し、初めて一人暮らしをスタートされる方が多く、今回の「内定社員様向け説明会」ではまず、お部屋の探し方や希望エリアの家賃相場などを担当させていただくミニミニ店舗の店長や法人部スタッフによりご説明させて頂きました。また新入社員様がお部屋を探される立川エリア、調布エリア、橋本エリアのタウン紹介のほか、ご契約時に必要な書類の種類や引越しのスケジュールの立て方などを解説致しました。

           

 

 本日はこのようなお部屋を探す“知識”だけではなく、実際にご紹介させて頂くお部屋の一例として、家賃や間取りなどの異なるお部屋を見学する「お部屋見学会」も実施しました。  昼食を挟み、午後から行われた「お部屋見学会」。実際に入居者募集を行なっている数タイプのお部屋を見て頂き、一人暮らしのイメージをより強く、より具体的に持って頂くことができました。この「お部屋見学会」にはミニミニの店長やルームアドバイザーが同行し、疑問点などはその場で解答。お部屋を内見する際の具体的なチェックポイントなどもアドバイスさせて頂きました。

         

         

 

 ご参加頂いた方々の中でも特に女性社員様から「大変参考になった」、「早く一人暮らしをしたい」など、好評価を頂きました。

  今回ご参加された方々は、来春から“新”社会人、そして一人暮らしという“新”生活がスタートされます。この2つの“新”に対し、ミニミニ城西では信頼・信用の“信”を以って、ご対応させて頂きます。

  これからもミニミニ城西は、新社会人の皆様、そして企業の皆様を応援致します!

 +++LINK+++
 ミニミニ立川店
ミニミニ調布店
ミニミニ橋本店
ミニミニ城西法人部
ミニミニ法人部

株式会社トッパンメディアプリンテック東京 工場見学で新聞印刷の“今”がわかる!

2012年1月19日 木曜日

 『HOUJIN-BLOG.』5回目のフィーチャリング・カンパニーは、常日頃お世話になっている株式会社トッパンメディアプリンテック東京です。

 朝日新聞の朝・夕刊を印刷し、東京西部や長野県、山梨県の一部に毎日配送されています。ニュースの最前線を、高い精度で美しい紙面に刷り上げ、定時に確実に新聞を各家庭へお届けするという、社会的にも大変大きな役割を担っています。今回はそんな株式会社トッパンメディアプリンテック東京の日野工場(本社)にお邪魔し、工場見学に参加させていただきました。

         

 

 小学生の社会科見学に利用されることの多い日野工場の工場見学。平日の13時~14時30分に行われ、小学生は150名まで。中学生以上は80名まで見学が可能。見学は無料で、団体から個人まで気軽に見学できます。

 工場見学は工場2階の広いイベントルームからスタート。まずは日野工場の周辺環境や工場の成り立ちなどが説明されると、次は取材から紙面製作、そして印刷、配送といった新聞ができるまでの工程を、DVDを通し学ぶことができます。

 一連の工程が紹介された後は、この工場で一番重要と言える「印刷」の説明。カラー印刷とモノクロ印刷の仕組みや高速で紙面を刷り上げる印刷機(新聞印刷用輪転機)の特徴、新聞紙となる巻取紙に関する説明など、普段何気なく目にしている新聞の裏側を解りやすく解説していただけます。

              

 

 新聞に関する新しい知識を得た後は、今回の工場見学のメインイベントが始まります。実際に工場内部に移動し、大きな輪転機が稼動する様子や“印刷職人”とも言える社員の方々が丁寧にそして正確に輪転機を操り、刷り上った紙面をチェックする姿を間近で見学できます。

 大量のインクを使用する工場内部ですがいたって清潔。しかも安全に対し大変配慮されているので、小学生でも安心して見学することができます。

                

               

 

 高品質な紙面印刷を追い求めるだけではなく、環境に優しくそしてエコロジーな工場として、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を取得するなど、環境面から地域社会とのより良い関り合いを目指す株式会社トッパンメディアプリンテック東京。新聞の印刷・流通といった新しい知識が得られる工場見学に、皆さんも一度参加してみませんか?

++LINK++
■     株式会社トッパンメディアプリンテック東京
■     工場見学のご案内