‘[職]のフィーチャリング・カンパニー’ カテゴリーのアーカイブ

株式会社マーススポーツエージェント   今話題の“MARS CAMP”

2015年9月29日 火曜日

 
 今回訪問させて頂いた企業様は、スポーツをビジネスにしたい人たちのために、実践的なコミュニティを創造し続ける株式会社マーススポーツエージェント様。私たちミニミニ城西と共に体育会系の学生を対象とした「就職セミナー」を開催するほか、お部屋探しに弊社をご利用頂いた社員様もいらっしゃるなど、日頃より大変お世話になっている企業様の一つです。今回は株式会社マーススポーツエージェント スポーツビジネス部マネージャーの仲島修平 氏に、今話題の“MARS CAMP”についてお聞きしました。
 


 

 ◆2020年の東京オリンピック開催を前に、スポーツに関わる業界への就職希望者や転職希望者は増加の一途を辿っています。そこで注目を集めているのが“MARS CAMP”です。どのような内容なのでしょうか?
 
 「MARS CAMPはスポーツ業界で活躍したい学生や社会人を対象としたコミュニティです。スポーツに関わる【情報】と【経験】、そして【接点】を半年間で網羅しようというのが目的で150名限定。2010年の秋に誕生し、来月(2015年10月)からは第11期がスタートします。

 一期は半年間のカリキュラムで、全18講演。スポーツ業界最前線のゲストをお招きし、最新の情報を提供しています。しかし、“MARS CAMP”は講座がメインというよりは“学ぶ”“触る”ことに重きを置いています。講座は18回ですが、この間、インターンは受け放題。参画される企業様や団体様は様々で、スポーツの仕事と言ってもチームやメーカー・イベント・メディア・施設・スクール・スポンサー・広告会社といった幅広い業種や、企画・運営・営業・広報・技術職などの幅広い職種がある。参加者の方々にもいろいろな業種・職種の実体験を通じ、“学んで” 頂き、直接接点ももっていただく。なかなか表に出ないのが業界の求人なら、逆にアナログなリアルな場所をもうけて必然的に繋がりをつくってしまおうのが狙いです。たとえばJリーグのクラブチームへの就職は大変人気ですが、学生でクラブへの就職を希望するのであれば、営業ができないとキツい。スポンサーを獲得できるようになるまでの修練を積みたい方は、週3回ぐらいインターンに入って頂いています。」

  ●DSC_0006    ●DSC_0020
 
 
 ◆日本で唯一のスポーツ業界就職ナビゲーターとして注目を集める“MARS CAMP”。そもそもスポーツ業界に特化したナビゲートをするに至った背景には何があったのでしょうか?

 「スポーツと企業をつなぐ存在として“スポーツキャリア”という部門は動いています。スポーツ企業様、団体様の採用活動をプロデュースさせて頂くことが始まりだったんですね。解りやすく言うと外部の人事部門的な役割。そういった採用活動を担当していく中で、なかなか内容が求職者に届いていないことが非常に多かったんです。働き方や役割などを知らない学生・社会人の方が非常に多いんですね。採用側では面接等の機会はぐんぐん増えているのですが、実際には採用したい人材に出会えないというシチュエーションがものすごく多くて、これはちょっとマズいな、と……。で、そこの間のプロセスを誰かが提供していかないといっこうに溝は埋まらないのでは、という考えに至ったんです。そこで、僕らが引っ張っていくというよりは、業界の皆さんと一緒になって業界の最前線の情報をお届けできるコミュニケーションの場を作っていこう。それがこの“MARS CAMP”の始まりです。

 喫緊の話しであればバスケットボールは2016年秋から新リーグがスタートします。勘の良い方なら、それに伴ってこれから採用が増えると予想できるはずです。元々興味は有るけれど、これまでは仕事にするというところで選択肢はなかったものが、(“MARS CAMP”を通じて)選択肢が顕在化してきて16年に幕を開ける新リーグ1部チームのフロントでも僕らの卒業生が活躍しています。“目指してもいいんだ!”って思って頂けるようになりましたね。」

2   genimage
 
 
 ◆スポーツ業界に就職したい求職者と熱意とスキルのある人材を採用したい企業・団体とを繋ぐ“MARS CAMP”。その企画・運営に携わる仲島氏に、今後、スポーツ業界への就職を考えている方たちへのアドバイスを頂戴しました。

「先輩というルート以外からの情報収集を自分でアナログでもネットでもいいから続けて頂いて、とりあえず行動してみる。そして、新しいコミュニティに行く機会を増やすことが大事だと思います。自分の足で新しいコミュニティに行く癖を付けて、行ったときに自分を発信する(アピールする)という作業を怠らず、やり続けるということが非常に大事なんじゃないかと思います。その際に確固たる自分の強い動機と、知っていること・できることがある状態がつくれていればよりベスト。ただ、そういった状態を自分ひとりでかき集めるのにはなかなか時間もかかるので、その中に“MARS CAMP”も選択肢として利用して頂ければ幸いです。」
 


 

 東京オリンピックを前に、今後も過熱していくことが予想されるスポーツ業界への就職。ミニミニ城西はこれからも“MARS CAMP”を手掛ける株式会社マーススポーツエージェント様を応援して参ります。

DSC_0027 - コピー