東亜レジン株式会社   企業の「顔」を作り出すパイオニア 

2017年1月27日

 今回訪問させていただいた企業様は、様々な企業やお店のシンボルマークとなり街の風景の一部にもなる【サインボード】専門メーカーのパイオニアとして昭和33年創業以来、59年間活躍されている東亜レジン様です。
 普段目にしている看板がどのように作られているか、東亜レジン 水野智成氏にお話を伺いました。(※取材日:2016年11月14日)

IMG_0313 IMG_0316
 


 

●サインボードが作られるまでの背景を教えてください。

 

会社

水野様(以下敬称略):
 当社は1958年に設立して以来、日本で初めてのアクリル製内照式店頭看板を製造し、現在に至るまで業界をけん引して参りました。現在は行っておりませんが、創業時はアクリル加工技術を生かし、大型水槽・光を通す光天井・壁・ドアなどの製造も行っておりました。
1980年頃の日本はCI(コーポレート・アイデンティティ)がブームとなり、社内外の認識を持たせる自社ロゴを見直す動きが広まっていました。それによりサインボードにも注目が集まり、追い風となりました。
 当時、日本には普通の看板しかない時代でしたので、アクリル樹脂の特性【色が多彩・形を立体的に加工しやすい・光を通す】を活かせば看板としての幅を広げられると考え、サインボードの制作を行うようになりました。

レジンイメージ

●制作上でのポイントはありますか?

水野:
 サインボード制作は企業の【印象】を作る仕事です。
 弊社では日本を代表する大手企業のコンビニやガソリンスタンド、カフェなどのサインボードを任せられています。現在のコンビニのサインの形も初めて弊社が提案しました。
 サインボードは企業の第一印象に大きく影響しますので、微妙な色・質感の違いやデザインの細部に至るまでクライアントと入念な打ち合わせを重ねます。色やデザインのマイナーチェンジをする事もありますが、企業イメージを壊さず伝える事が重要となります。
 またサインボードは景観の一部としても捉えられ、制作には各地域の条例などの制限もあります。例えば京都市内では赤色の使用が禁止されていたり、沖縄県では台風が多いため風速40M以上に耐えられる物でないといけない、など。単純に目立って派手な物を作ればいいわけでもないのです。注目されなくても、都市景観と融和しつつ、どんな【印象】を残せるかを考えます。」

夜景
 

●組織文化を教えてください。

水野:
 当社に入社された新入社員の方には必ず工場の研修期間を設けています。様々な職種が同時並行で進む、実際の仕事の流れを体験していただく事が目的です。研修では大卒・高卒・工場社員が全員一緒に行動を共にします。
 研修後には全国のそれぞれの部署へ配属されますので、バラバラになっても繋がりを作れる貴重な機会にもなります。この研修制度は20年以上続いているんです。
 59年やっているメーカーと言うと堅い仕事というイメージがあるかもしれませんが、一人一人の主体性を一番大切にしていて、相手の立場に立って物事を考えられる物の見方を重視している社風があります。
 どの部署や部門の発想でも取り入れ、行動してみたい気持ちや発想が活かせる会社です。遊び心を取り入れながら、働き方ひとつを自分たちで作っていく会社です。
 この社風がサービスや物作りにも広がって良い作用を産んでいます。クライアントからお店作りを東亜レジンに任せて良かったと言ってもらえる様、社員一同目指しております。

東亜
 


 古くからの慣習に捉われず、常に新しい発想を取り入れて成長を続ける東亜レジン様。
 59年間、サインボードの先駆者としてトップを走り続けている秘訣は、一人一人が個々の能力を最大限に発揮できる環境にあるのかも知れません。
 ミニミニ城西は、東亜レジン株式会社をこれからも応援し続けて参ります!

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。