株式会社トッパンメディアプリンテック東京 工場見学で新聞印刷の“今”がわかる!

2012年1月19日

 『HOUJIN-BLOG.』5回目のフィーチャリング・カンパニーは、常日頃お世話になっている株式会社トッパンメディアプリンテック東京です。

 朝日新聞の朝・夕刊を印刷し、東京西部や長野県、山梨県の一部に毎日配送されています。ニュースの最前線を、高い精度で美しい紙面に刷り上げ、定時に確実に新聞を各家庭へお届けするという、社会的にも大変大きな役割を担っています。今回はそんな株式会社トッパンメディアプリンテック東京の日野工場(本社)にお邪魔し、工場見学に参加させていただきました。

         

 

 小学生の社会科見学に利用されることの多い日野工場の工場見学。平日の13時~14時30分に行われ、小学生は150名まで。中学生以上は80名まで見学が可能。見学は無料で、団体から個人まで気軽に見学できます。

 工場見学は工場2階の広いイベントルームからスタート。まずは日野工場の周辺環境や工場の成り立ちなどが説明されると、次は取材から紙面製作、そして印刷、配送といった新聞ができるまでの工程を、DVDを通し学ぶことができます。

 一連の工程が紹介された後は、この工場で一番重要と言える「印刷」の説明。カラー印刷とモノクロ印刷の仕組みや高速で紙面を刷り上げる印刷機(新聞印刷用輪転機)の特徴、新聞紙となる巻取紙に関する説明など、普段何気なく目にしている新聞の裏側を解りやすく解説していただけます。

              

 

 新聞に関する新しい知識を得た後は、今回の工場見学のメインイベントが始まります。実際に工場内部に移動し、大きな輪転機が稼動する様子や“印刷職人”とも言える社員の方々が丁寧にそして正確に輪転機を操り、刷り上った紙面をチェックする姿を間近で見学できます。

 大量のインクを使用する工場内部ですがいたって清潔。しかも安全に対し大変配慮されているので、小学生でも安心して見学することができます。

                

               

 

 高品質な紙面印刷を追い求めるだけではなく、環境に優しくそしてエコロジーな工場として、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を取得するなど、環境面から地域社会とのより良い関り合いを目指す株式会社トッパンメディアプリンテック東京。新聞の印刷・流通といった新しい知識が得られる工場見学に、皆さんも一度参加してみませんか?

++LINK++
■     株式会社トッパンメディアプリンテック東京
■     工場見学のご案内

 

 

 

ミニミニ城西 法人部 リニューアルオープン

2011年10月28日

 本日、株式会社ミニミニ城西法人部の「法人お客様カウンター」が多摩エリア随一のオフィス街である立川北口のファーレ地区にて、大幅に拡張しオープン致しました。

         

 

 お客様のニーズにぴったりのお部屋情報を迅速にご提供し、より快適なお客様皆様の“住生活”をサポートできるよう、よりいっそうキメ細やかなサービスのご提案に社員一同、努力して参ります。

ミニミニ城西 法人部スタッフ一同

 

 

株式会社ノル コーポレーション 世の中に“HAPPY”を提供します!

2011年10月19日

  『HOUJIN-BLOG.』4回目のフィーチャリング・カンパニーは、かねてよりミニミニ城西法人部がお部屋探しのサポートをさせて頂いている株式会社ノル コーポレーション(以下:NOL)です。“いつも『驚き』のある商品を開発し、世の中に“HAPPY”を提供する”ことをモットーに、特に商品開発やブランディングに力を注いできたNOLは、これまで様々な商品を生み出してきたニッチマーケットの先駆的メーカーであり、常に新しい挑戦を続けるバイタリティに溢れた生活雑貨の卸売メーカーです。そんなNOLの特徴を総務の方にお聞きしました。

「私たちは “お客様に驚きと共感を与える物づくり”を経営の根幹とし、暮らしの中に、「楽しい」「うれしい」「心地いい」「かわいい」が、もっと増えるように、そんな思いを込めて、日々物作りに励んでいます。世の中をアッと言わせる画期的な新商品を市場に送り続けることで、お客様に喜びをご提供できる。それが延いては世の中に貢献していくことにも繋がると考えています。また、お客様に商品を安心安全に使って頂く為に、当社では商品の安全性の保持と品質管理にも力を入れています。常に使用されるお客様の視点に立ち、お客様の安全を最優先に考え、商品開発に取り組んでいます」

 

 クリエイティブな視点で時代のニーズを的確に捉えるNOL。これまでに多くのアイテムを世に送り出してきました。そのアイテム数は6,000以上にも及び、その取扱店舗は、雑貨店は言うに及ばず全国の量販店やドラッグストア、コンビニ、物産店などなど……高級感あるお洒落なアイテムから、見ているだけで楽しくなってくるような面白グッズまで、雑貨好きな人は勿論、あまり興味のない人もそれとは知らずにNOLの商品を使ったり見たりしているのではないでしょうか?

「楽しいお風呂タイムを演出する様々なバスグッズは、お子様や女性にとても喜んで頂いていますし、色々なタイプの芳香剤は男女問わず大変ご好評を頂いています。天然石を使ったアクセサリーも人気ですね。日々の生活にちょっとした遊び心をプラスする、をコンセプトに作ったカラフルな傘の柄カバー「アンブレラグリッパー」は色々なメディアに取り上げて頂き、凄い反響を頂きました」

 

      

      

 

 また、“ものづくり”のクリエイティブな視点だけではなく、今後は“地域貢献・社会貢献”といったコミュニティの活性化にもNOLは積極的に取り組んでいます。

「「雑貨が社会にできるコト」を合言葉に、私たちに出来ること、私たちにしか出来ないことを考え、先の東北地方太平洋沖地震で被災された方々への支援の為のチャリティ雑貨の企画や様々なアーティストやデザイナーとのコラボレーション商品の企画を行ってきました。それら商品の収益の一部は赤十字を始めとした様々な団体に寄付させて頂いています。身近にある雑貨を通して少しでも力になりたいと思い、製造工場や取引様にもこの支援プロジェクトにご協力頂いています。売り手も買い手も全員が協力者になって寄付に繋がるCSRプロジェクトです。このブログを読まれた方にもぜひ賛同頂けたら嬉しいですね。
 また、当社が所在する府中や調布エリアへ、何か日頃の恩返しができないかと地域貢献活動という形で様々な取り組みを行っています。現在は定期的に会社敷地内で地域の方をお招きしてお祭り的なイベントを開催したり、地元主催の様々な企画に参加しています。福祉施設や障害者施設にも微力ではありますが、提供や協力を行っています。まだまだ規模は小さいものですが今後も継続していきたいと考えています」

 

 地域や社会への貢献を考えつつ、日々楽しさいっぱいのアイテムを作り出すNOL。そんなNOLとの接点は商品だけではありません。NOLでは卸売だけでなく、それらとはまた異なった魅力あるアイテムを販売する小売店舗を展開しています。

「私たちが展開する店舗は全部で3業態になります。“ワクワクする屋根裏部屋”がコンセプトの「MEDI SUTORE」は、かわいいアクセサリーや服飾雑貨、ボディピアスメインのショップです。また、「NEWTON STYLE」は“家族の絆を深める”をキャッチコピーに、家族で学んで遊べるおもちゃを中心にラインナップした幅広い年齢層の知的好奇心を満たすお店です。「Crystal Planet」では様々な天然石グッズを多数展開しており、世界に一つだけのオリジナル天然石アクセサリーも作ることができますよ。どのショップも楽しさを満喫できる空間になっていますので、是非、お越し下さい」

 

 世の中に“HAPPY”を提供するNOL。次はどんな楽しい雑貨が誕生するのかワクワクドキドキ。今後もNOLのアイテムに目が放せません!

 

++LINK++
■     株式会社ノル コーポレーション

 

 

「内定社員様向け説明会」を実施 (ミニミニ城西法人部)

2011年10月4日

 本日、日頃お取引をさせて頂き、大変お世話になっている企業様の来年度新入社員様に対し、ミニミニ城西法人部ミニミニ法人部合同で「内定社員様向け説明会」を開催させて頂きました。

 ご参加頂いた新入社員様は16名。来春から初めて一人暮らしをスタートされる方、そして他県から上京される方も数多くいらっしゃいます。このため、「内定社員様向け説明会」ではまず、お部屋の探し方や希望エリアの家賃相場などを担当させていただくミニミニ店舗の店長や法人部スタッフによりご説明させて頂きました。また新入社員様がお部屋を探される立川エリア、調布エリア、橋本エリアのタウン紹介のほか、ご契約時に必要な書類の種類や引越しのスケジュールの立て方などを解説致しました。

 ご参加頂いた方々の中でも特に女性社員様から「大変参考になった」、「一人暮らしに対する不安を解消できた」など、好評価を頂きました。

 

 本日はこのようなお部屋を探す“知識”だけではなく、実際にご紹介させて頂くお部屋の一例として、家賃や間取りなどの異なるお部屋を見学する「お部屋見学会」も実施しました。

 昼食を挟み、午後から行われた「お部屋見学会」。お部屋の設備やキッチンの広さなど、建物の外観を見ただけでは解らない部分なども見て頂き、一人暮らしのイメージをより強く、より具体的に持って頂くことができました。またこの「お部屋見学会」にはミニミニの店長やルームアドバイザーが同行し、疑問点などはその場で解答。お部屋を内見する際の具体的なチェックポイントなどもアドバイスさせて頂きました。

         

         

 

 

 今回ご参加された方々は、来春から“新”社会人、そして一人暮らしという“新”生活がスタートされます。この2つの“新”を前に心躍らせる反面、不安を抱えていらっしゃるかと思います。私どもミニミニ城西法人部は法人社員様ひとりひとりの「お部屋探し」を多角的にサポートさせて頂くことで、少しでも賃貸生活を快適で、楽しいものにできたらと考えます。

 これからもミニミニ城西は、新社会人の皆様、そして企業の皆様を応援致します!

 

 

株式会社九州屋 すべてはお客様のために

2011年5月6日

    『HOUJIN-BLOG.』3回目のフィーチャリング・カンパニーは、私たちミニミニ城西法人部が社員様のお部屋探しをサポートさせて頂いている株式会社九州屋です。“心を売る商売”をモットーに、全社員参加の経営を基本方針とする青果専門店。“お客様がすべて”という経営理念により、五感と心に美味しさを伝えています。

 株式会社九州屋は八王子市でのトラックによる移動販売から端を発し、現在、全国に68店舗を構えるまで成長した企業。単なる青果店ではなく野菜・果物の専門家として、消費者のライフスタイルをより便利に、より豊かに創造しています。そこで気になる株式会社九州屋の“今”を総務人事課の増戸氏にお聞きしました。

 

 「食の安全・安心というのは直接お客様が口にされるものを扱っている以上、大命題でもあります。過去にも残留農薬や産地偽装などが社会問題になったことがありましたが、根本に立ち返り“本当に安全なものは何か?”という問いに真摯に向き合ったとき、究極は“自分たちで作る”という考えに行き着いたんですね。もちろん全ての商品をということは難しい話なのですが、第一歩として、岩手県に住田野菜工房という水耕栽培工場を立ち上げました。無菌室内で水耕栽培を行い、完全無農薬の葉物野菜の生産に取り組み、安全・安心な商品をお客様の食卓までお届けする。少しずつでもそういった新しいスタイルの確立が大変意味のあることだと思っています。」

 ロゴが安心をイメージしやすいグリーンを基調としていることからも解るように、食の安心・安全を追求する株式会社九州屋。今度は新たな試みとして世田谷区は東急二子玉川店内に新しい青果専門店“Eco Marche(エコ・マルシェ)”がオープンしました。

 「このEco Marcheは、従来の青果専門店の域を超えたものになります。一般に、スーパーなどの青果コーナーでは、商品はパックであったり袋であったりと一定の数量をまとめて売られています。しかしこのEco Marcheでは100アイテム以上をバラ売り致します。欧米の市場を想像して頂ければイメージしやすいのですが、それぞれの商品を量り売りでご購入して頂きます。こうすることでお客様がそれぞれのライフスタイルに合わせて欲しい分だけご購入できますし、パックやラップなどを使わない分、エコにも繋がります。また、什器は冷気が出るタイプを使用することで長時間鮮度を保てます。そして店内に厨房を設け、スチーム野菜やカット野菜、カットフルーツといった一次加工した野菜・果物の品揃えを充実させることでお客様の下処理の手間を極力省け、水道代やガス代を抑えられるほか、生ゴミが出ないなどのメリットがあります。その上、売り場にコンシュルジュを配置し、スーパーなどと違い対面サービスを強化させることで、お客様は商品の美味しい料理の仕方や保存法など気軽に情報収集ができるようになります。もちろんお帰りの際は、再生紙由来の紙袋でお持ち帰り頂きます。」

 

 日々進化を遂げる株式会社九州屋。特に「九の市」の名で知られる特売日はたくさんの買物客で賑わっています。あなたの街の九州屋、美味しい食材を堪能しませんか?

++LINK++
■     株式会社九州屋
■     店舗情報

○取材後記○
九州屋様の岩手県の工場は先の大震災により、人的被害は無かったものの長期停電となるなど、生産・出荷を中止しております。ミニミニ城西社員一同、一日も早い復旧をお祈りしています。

森永乳業株式会社 楽しい工場見学!

2011年2月20日

 『HOUJIN-BLOG.』2回目のフィーチャリング・カンパニーは、私たちミニミニ城西法人部が社員様のお部屋探しをサポートさせて頂いている森永乳業株式会社です。乳製品を中心に多彩な商品ラインナップが魅力の森永乳業株式会社は、1917年創立の日本練乳株式会社を祖とする100年近い歴史を持つ企業。現在も日本の食品業界を牽引する担い手として、皆さんに愛されています。今回はそんな森永乳業株式会社の工場見学にお邪魔させて頂きました。

         

 

 向かった先は広い敷地の東京多摩工場。この工場では関東一円のスーパーやコンビニエンスストアなどで毎日目にする森永乳業製品が生産されています。工場見学は平日の午前10時と午後1時で所要時間は約60~70分。5名以上の団体で予約が必要です。
 工場見学ではまず、スタッフの方による工場や商品、そして食の安全に対する説明がスライドやビデオを用いて解りやすく解説されました。嬉しいことに人気商品の「ビヒダスヨーグルト(アロエ)」も頂きました。またここでは牛乳とお酢を使って簡単なチーズ作りも体験できます。紙コップには90℃程度に加温された牛乳が入っており、そこにお酢を流し込んで5~6回、スプーンでゆっくりとかき混ぜます。茶漉しで水分を切るとカード(凝乳)と呼ばれるフレッシュチーズの原型の出来上がり。思ったよりも簡単なので、気軽に自宅でチーズ作りが出来そうです。

         

         

 

チーズ作りの次はいよいよ工場内部での見学です。大きなガラス窓の見学通路から、実際に商品が製造されていく過程が見られます(ここでの撮影は禁止です)。短時間で大量の商品を製造できる工場ですが、驚くのが安全の徹底ぶり。様々な製造工程の中で何度ものチェックがあり、パッケージにちょっとしたキズがあっただけでも検査に引っかかってしまいます。食の安全をその場で見られるのは貴重な体験かもしれませんね。

 楽しい体験ができる森永乳業株式会社東京多摩工場の工場見学。施設内には昭和初期に使用されていた「牛乳箱車」が復元保存されているなど、森永乳業株式会社と日本の食卓の歴史が伺えます。日頃、何気なく口にする乳製品。しかし手に取るまでの過程には様々な技術と安全へのこだわりがありました。皆さんも一度、工場見学に参加してみませんか?

         

 

++LINK++
■     森永乳業株式会社
■     工場見学のご案内

 

 

鉄板コミュニケーション 「お好み焼 道とん堀」

2011年1月17日

 『HOUJIN-BLOG.』記念すべき一回目のフィーチャリング・カンパニーは、日頃弊社ミニミニ城西法人部がお世話になっているとともに、熱々の鉄板を取り囲んで幸せや笑顔、感動、そして喜びの空間を提供する「お好み焼 道とん堀」です。これまで“大阪のソウルフード”や“B級グルメの王様”として愛されてきたお好み焼き。「お好み焼 道とん堀」はこのお好み焼きをワンランクもツーランクも引き上げ、誰もが楽しめる食空間として人気を高めている企業です。

 「お好み焼 道とん堀」で注目してほしいのが、なんといっても200種類以上のメニューでしょう。お好み焼きにとどまらず、もんじゃ焼きや焼きそば、サラダなど誰もが楽しめるラインナップがズラリ! メニューを見ただけで好奇心も高まります。実際、今回の取材前にミニミニ城西スタッフも福生本店にて季節メニュー人気投票1位となった「チーズinお好み焼き」など6品を堪能。そこで気になるメニューのアレコレを株式会社道とん堀の広報の方々にお聞きしました。

 「ベースとなるグランドメニューは年1回春に、季節メニューは年4回、その季節ごとに改定を行っています。商品開発専門のセクションがグランドメニューと季節メニュー、この二つの商品開発を年間通じて行っているんですが、必ず毎週土曜日に試食会を開いているんですね。毎回20品ほどのメニューを作り、毎回各部署から10人くらいが集まり新商品の審査を行っています。第一ジャッジは美味しいかどうかという、基本ですが一番重要な部分を審査します。その後さらに調理の工程数やコストパフォーマンス、食材の汎用性などなど、美味しさ以外の様々な要素をグラフ化して最終選考を行うんですね。その中からお客様の嗜好性やトレンドなどを考慮し検証した上で新商品として送り出しています。難しいのは局地的ではなく全国に満遍なく受け入れて頂けるメニュー作りですね。」

 新しいメニューを打ち出し、ますます笑顔の輪を広めていく「お好み焼 道とん堀」。スタッフを社員やアルバイトと呼ばず、“BUDDY(バディ=仲間)”と称する明るく健康的な環境が印象的。そんな「お好み焼 道とん堀」の魅力をメニュー以外にも発見できました。

 「コンセプトは“お好み焼きのファミリーレストラン”なんですね。例えばご家族全員が楽しめるようにお子様セットがあったり、お父さんのために居酒屋メニューを楽しんで頂いたりとメニューが様々なニーズに合わせて設けられているんですね。幅広い層や嗜好の違いなどを一気に解消できる家族団らんの“鉄板コミュニケーション”というのが「お好み焼 道とん堀」なんです。美味しいものを食べてケンカしたり嫌な気分になる人っていないじゃないですか(笑)。やっぱり鉄板を挟んで誰もが平等に楽しめる場所があったらいいですよね。そんな空間を創造し続けていくというのが、私たち「お好み焼 道とん堀」の理念である“鉄板コミュニケーション”という言葉になっているんです。」

 美味しくて魅力あふれる「お好み焼 道とん堀」は現在、全国に約290店舗を展開。今後は都心部や海外への出店も増やしていくようです。ぜひ皆さんの街の「お好み焼 道とん堀」を探してみませんか?

++LINK++
お好み焼 道とん堀
株式会社道とん堀

HOUJIN-BLOG. スタート!

2010年12月23日

 当ブログをご覧の皆様へ

 東京都西部エリアを中心に、活躍目覚しい企業様を紹介する当ブログ「HOUJIN-BLG.」がスタートします。今後、定期的に様々な企業様を取材し、閲覧いただく皆様へ有益な情報として発信できればと思います。

 何卒、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

 

ミニミニ城西法人部一同