‘賃貸生活豆事典’ カテゴリーのアーカイブ

vol.10 梅雨時のお洗濯<2>

2010年7月2日 金曜日

 前回のブログ(6/30 「vol.9 梅雨時のお洗濯<1>」)では、梅雨時の洗濯の仕方についてアドバイスしました。今回は洗濯した後の乾燥についてお話したいと思います。

 この時期は雨が多く、なかなか洗濯物を外に干せないもの。そこで登場するのが乾燥機です。
 しかしすぐ乾くからといって脱水した洗濯物をバンバン放り込むだけでは、充分に乾燥機を使いこなしているとは言えません。乾燥機に入れる前に洗濯物は一枚ずつたたんでパンパンたたいたり、広げてフリさばいてしわ取りましょう。こうすることでシワになりにくくなりますし、雑菌も繁殖しづらくなるんですよ。
 乾燥機の温度は弱で約65度、強で約80度です。シワを防ぎたいときは弱、除菌なら強というように使い分けるのがベターですね。そして乾燥が終わったらすぐに取り出しましょう。放置しておくと熱の作用で濃いシワができてしまうことがあるので注意してくださいね。

 また、乾燥機が無い場合はどうしたらよいのでしょうか? 乾燥機が無ければコインランドリーへ行かない限り、必然と室内に干すことになります。そこでオススメしたいのが、乾燥機の変わりにエアコンを利用すること。乾かしたいものが多い時はこのエアコンが大活躍! エアコンの送風口のフラップを洗濯物に向けて、ドライ(除湿)モードで運転すればOK! しかもこのドライモード、通常の冷風に比べて消費電気量は少ないんですよ。
 またふとん乾燥機も利用できます。乾燥袋の上に衣類を並べて、熱が逃げないように衣類の上に大きめのバスタオルなどをかけておきましょう。途中で衣類をひっくり返すと乾きが一段と早くなりますよ。
 洗濯物が少量の時や靴下などの小物の時はドライヤーを使ってみましょう。紙袋に衣類を入れて温風を吹き込ますだけ。簡単ですよね。またこの時、風が全体に行き渡るように紙袋の口は広げておいて下さい。

vol.9 梅雨時のお洗濯<1>

2010年6月30日 水曜日

 外はドヨ~ンとした曇り空。雨が降りそうだけど、このまま降らないような気もする……。梅雨の天気ってホントうんざりしちゃいますよね。特に洗濯物を干すか干すまいかで悩んじゃう時、せっかく干しても雨に降られたら元の木阿弥。皆さんも何度となく悩んだ経験があることでしょう。そんな時はテレビの天気予報を見て見ましょう。一番注目して欲しいのが洗濯指数です。
 この洗濯指数、一年でこの時期が一番大きく取りざたされるんですよ。洗濯指数は3時間でどれだけ乾くのかを表わす数値で、気温や湿度、風速などから算出されます。最高は100度。100~80度は完全に乾く、70~60度はよく乾く、50~40度は湿っぽさが残る、そして30以下は乾かないと判断します。いくら曇っていても雨が降らない限り、風によって洗濯物が乾くので、この数値は見逃せないものですね。

 またこの時期は、洗濯できる機会が少なくなり洗濯物は溜まる一方。たとえ洗濯できたとしても今度は乾きにくいという難点が……。特に一人暮らしなどで洗濯が出来る時間が限られている人には悩むところでしょう。
 そこで時間を短縮して洗濯するのをオススメします。まずは、洗濯物の分類から。汚れがひどいものとそうでないものとに分けてください。そして汚れの酷いものは標準コースを選択、そうでないものはスピーディーなコース(どちらも全自動洗濯機の場合)を選択してください。もしスピーディーなコース設定ができないときは、5~6分洗った後、濯いでください。あまり酷い汚れはないものだから、けっこう時間を短縮できるんですよ。
 ただし、洗濯機の容量以上に洗濯物を入れてはいけません。汚れが落ちづらくなるので、その結果、洗濯をした意味がなくなってしまいますからね。目安はだいたい洗濯槽の8分目。この量が洗濯機が一番力を発揮する分量なんですよ。

vol.8 花粉症対策<3>

2010年3月10日 水曜日

 花粉症は鼻がムズムズし、鼻水が止まらないだけではなく、眼が痒くなるのも困りもの。鼻ならマスクをすれば多少は症状を抑えられますが、眼となると対抗手段は目薬を点眼するしか方法はありません。皆さんはどんな目薬を使用していますか?

 花粉症対策として使用する目薬を選ぶコツはまず、パラベンや塩化ベンザルコニウムといった防腐剤が入っていないものを選ぶこと。花粉症は一種のアレルギー反応ですが、防腐剤にはこのアレルギーを悪化させてしまう効果もあるので要注意です。ただし、棒材の入っていない点眼薬は劣化が早いため、早期に使い切ることが理想ですよ。

  また、点眼薬を使用すると体調が悪くなりがちの人には、涙と同じ成分で構成された「涙成分」タイプのものがオススメです。アレルギー症状の緩和には効力は弱いのですが、眼に優しいのがポイントです。

 点眼薬を処方して3、4日経っても全く効果が現れない場合は、早めに眼科で検診をしてもらいましょう。副作用が弱い市販の点眼薬はその分、効果も体質によっては表れ難いといえます。また花粉症だけではなく、眼のトラブルは悪化してしまうと治療に時間が掛かります。痒みを抑えきれず、目を擦り続けたせいで結膜炎になってしまう危険性も孕んでいます。市販の点眼薬で効果が表れない場合は、眼科医に相談しましょう。

vol.7 花粉症対策<2>

2010年3月7日 日曜日

 前回のvol.6では花粉が多く飛散する気象条件についてお話しました。今回は花粉症予防で一番身近な「マスク」についてお話しします。

 皆さんは普段、どのようなマスクを使っていますか? 最近では値段も様々で、形状もバラエティに富んだものが多く市販されています。安いものより高いものの方が効果が高いと思われがちですが、日大和歌山医療センター耳鼻科医長 榎本雅夫先生の研究によれば、「値段が高いマスクだから花粉除去率がよく、かつ呼吸しやすい」という事実は無いとの結果が出ています。一番大事なのは顔の形状にフィットしているのかどうかということ。つまり安いマスクであっても効果が高く、逆に高価なものでもマスクとしての働きが低いこともあるということです。また花粉はマスクの繊維の奥に絡まってしまうと洗濯してもなかなか落としきれません。

 マスクを選ぶ際は顔へのフィットのしやすさを第一に考えて、マスクは不織布立体のものを選ぶようにしましょう。そして洗って二次使用できるものは避け、使いきりのもを選んだほうが良いようです。それでも症状が改善できないようであれば、マスクと鼻の間に一枚薄いガーゼを入れおきましょう。当てガーゼを加えることにより花粉除去率は10~30%も高まるようです。

vol.6 花粉症対策<1>

2010年3月5日 金曜日

 この時期になると目が痒くなり、鼻水が止まらないなど花粉にお悩みの方は多いことでしょう。気象庁の発表によると、今年の冬は気温の寒暖の差が大きかったため、昨年と同様に例年より早い時期から花粉が飛び始めているようです。ただし花粉の飛散量は、昨夏の気温は平年並みでしたが、日照時間が全国的に少なかったことから例年に比べて少なくなる見込みです。

 花粉症を引き起こすスギ花粉は非常に小さく、その大きさはなんと1ミリの30分の1。当然質量は軽いため、風に乗って数10kmから場合によっては数100kmも移動してしまいます。杉林が無い地域に住んでいても花粉症になってしまうのはそのためなんです。

 

 花粉症対策はマスクを使用したり、薬を服用するなどいろいろとありますが、花粉が多く飛ぶ気象条件を知っておくのもいいでしょう。まず注意したいのが晴れて気温が高い時です。これは気温が上がると上昇気流が発生し、花粉が舞い上がりやすくなるためです。また、空気が乾燥している時も要注意。湿っていると花粉が水分を吸い込むためあまり移動はしませんが、乾燥しているときは花粉は“野放し状態”になっています。もちろん空気が湿っていても風が強い日は注意が必要です。そしてスギが花粉を多く飛ばす雨上がりの翌日(特に晴れた日)もマスクは欠かせません。

 花粉が多く浮遊する日はなるべく外出は避けたほうがいいでしょう。しかし、学校や仕事などでどうしも外出しなけらばならない時は、悪化を防ぐよう、必ずマスクや点眼薬などを使用して下さい。

vol.5 キッチンツールを選ぶコツ

2010年2月19日 金曜日

 新生活を迎えると、何かと買い揃えなければなりません。特に初めて一人暮らしをされる方の場合、電化製品や生活用品、日用品などに至るまで、いろいろと購入する必要があるでしょう。今回はそんなアイテムの中でも包丁やフライパン、カトラリー類といったキッチンツールをピックアップ。特に、これから自炊を頑張ろうとしている方は必見ですよ!

 キッチンツールを選ぶ上で重要なのが、“何が必要なのかを見極める”という事。もちろん何を買うのにも同様のことは言えますが、価格的にもリーズナブルで見ていて楽しいキッチンツールは、ついつい不必要な物まで買ってしまいがち。せっかく買ったのに一度も使っていないなんてことも。自分の生活スタイル(クッキングスタイル?)を考えて購入しましょう。

 数あるキッチンツールの中でも頻繁に使うアイテムの一つに包丁があります。値段はいろいろですが、持ちやすく使いやすい物をフォーカスして選ぶと失敗しないですよ。高価なものでなくても、最近ではセラミック製のナイフなど使いやすく長持ちするものが多いので、賢く選んでください。

 また、フライパンや鍋といったパン類も一人暮らしでは必需品の一つです。フライパンは底の深めのものと小さめな物の2種類を持っておくと便利ですよ。底が深ければ、焼いたり炒めたりだけではなく、煮ることも充分可能。そう、鍋の代わりにもなるんです。

 キッチンツール全体に言えることは、デザイン性の高い物は機能的で使いやすいということ。少し変わったフォルムでも、実はそのデザインには意味があり、機能性に優れているものが多いんです。購入の際には見るだけではなく、実際に触れてみるとそのデザインの価値が分かるかもしれませんね。

 また限りある収納スペースを活かすには、重ねてしまえる物がいいでしょう。特にパン類は重ねて収納できたり、取っ手を取り外せる物があります。そういったものを選べば、賢く収納スペースを活用できますよ。

 新しいキッチンツールは新生活をより魅力的に引き立ててくれるアイテムです。料理初心者の方でも使いやすく機能的なキッチンツールがあれば料理も簡単! 楽しいクッキングタイムを満喫してくださいね。

vol.4 冬は肌荒れに要注意

2010年1月14日 木曜日

 空気が乾燥する冬は、風邪を引きやすいだけではなく、女性に天敵の「肌荒れ」が生じやすい季節です。肌荒れはひどくなると角質層に亀裂が入り、皮脂欠乏性湿疹という強いかゆみを伴う症状に変化します。さらに悪化が進んでしまうと、貨幣状湿疹など治りにくい状態に陥ってしまいます。皆さんはどんな肌荒れ予防をしていますか?

 手袋などをしてあまり外気に肌を晒さない、保湿クリームを使うなど、特に女性の方はいろいろな予防策をとっていることでしょう。しかし、これでも肌荒れが治らない、または悪化してしまうという方は次のことも試してみてください。

 まず、外の空気は乾燥していますが、室内の空気はどうですか? 寒いからといって暖房を長時間点けていると当然室内も乾燥してしまいます。暖房を使う場合は加湿器も同時に使用しましょう。加湿器が無い方は洗濯物を室内に干せば、洗濯物の乾燥と室内の乾燥予防に役立ち、一石二鳥ですよ。

 また身に着ける衣服の素材にも注意が必要です。静電気を起こしやすい素材は控えましょう。静電気は肌に刺激を与え、肌荒れを悪化させる原因にもなります。特にセーターなどウール素材のものとフリース素材のものとを重ね着するのは危険です。なんとこの組み合わせでは、過度の摩擦によって6000~7000ボルトもの静電気が発生してしまいます。

 また入浴にも気をつけたほうが良いでしょう。熱いお湯も刺激が高いのでぬるま湯にするのがベスト。そして入浴剤を用いるのなら、刺激の少ない硫黄分の無いものを選んでください。また石鹸を毎日使うのは体を外気からコーティングしてくれている皮脂を落としてしまいますので注意。そして体を洗うときはスポンジやタオルでは摩擦が大きいため、素手で洗うようにしましょう。

 

 きめ細かい美しい肌を維持するには何かと工夫が必要です。肌荒れに気をつけて、楽しい冬をお過ごしください。

vol.3 冬こそダイエットに挑戦!

2010年1月10日 日曜日

 「冬は太りやすい」や「冬はダイエットに不向き」なんて言葉を聞いたことはありませんか? 実際、夏より体重が増えてしまうという人は多いことでしょう。でもこれは冬だから太るのではなく、冬になってあまり体を動かさなくなったからというのが原因のひとつ。皆さんはいかがですか?

 実は寒い冬は、体温を維持しようと体がどんどん体脂肪を消費してくれているんです。寒ければ寒いほどこの傾向は強くなり、同時に新陳代謝が活発になっているんです。ですから冬にちょっと運動するだけでもダイエットに繋がるんですよ。

  

 そして大事なのが食べすぎたり飲みすぎたりしないこと。せっかく体脂肪が減少しつつあるのに、暴飲暴食をしてしまったら意味がありません。規則正しい食生活と適度な運動で皆さんも気軽にダイエットしてみませんか?

vol.2 風邪の予防には「緑茶でうがい」が効果的

2010年1月8日 金曜日

 寒さの増した今日この頃、体調を崩してしまった方はいらっしゃいませんか? どうしても冷え込むと、風邪をひいてしまったり、中にはインフルエンザにかかってしまったりと体調を壊しがちです。

 風邪の予防として一般的に知られているのが「手洗い」と「うがい」ですよね。既に習慣付いている方も多いかと思われます。ただ、これで万全と言えないのが正直なところ。いくら手洗いやうがいをしていても、風邪を引いてしまうことはよくあることですよね。

 そこでオススメしたいのが、緑茶を使ってのうがいです。通常の2倍くらいに薄め、できればぬるま湯ぐらいの温度のものを使用してください。体内の活性酸素(老化や生活習慣病などの原因となる)を消す効果を持つ物質にポリフェノールがあります。緑茶に約10~15%含まれるカテキンはこのポリフェノールの一種で、風邪はもちろんインフルエンザの予防に最適。特に緑茶は他のお茶と比べ、効能が高いようです。

 インフルエンザが蔓延する冬。「緑茶でうがい」を実践して、健康な生活をおくってみませんか?

vol.1 防寒対策以外にも使えるコルクマット

2010年1月6日 水曜日

 年が明け、いっそう寒さが増してきました。皆さんも「防寒対策」にいろいろと工夫をされていらっしゃると思います。

 特にフローリングのお部屋は、朝起きたときのあの“ヒンヤリ感”は嫌なもの。部屋を歩くのも躊躇しがちです。そんなフローリングのお部屋にお住まいでしたら、フローリングの上に絨毯やラグマットを敷くの良いでしょう。もう一工夫欲しいのなら敷いた絨毯などの下に「コルクマット」を追加することをオススメします。

 コルクマットの微細な気泡は冬は保温性を高める効果があり、夏は熱を通しにくいなどとってもエコロジー。冷え性の方には特にオススメです。
 またコルクは「防寒性」のほか、クッション的な役割ともなるため「安全性」と「防音性」が高まります。またカビにも強いためシックハウス症候群の予防やコルクに含まれるスペニンという物質が防ダニ効果に優れているので「抗菌性」と「防虫性」の効果が期待できます。

 ひとつで何役もこなすコルクマット。まずは防寒対策のひとつとして役立てみてはいかがですか?